前払費用と未払費用の違いとは?

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は前払費用と、未払費用についてです。

費用」と同じ言葉が使われているので、混同してしまいがちですが、ここを放っておくと大変!!!試験ではほぼ確実に出題されます。そんな2つの科目について、今回は学んでいきましょう。

1.前払費用とは?

前払費用とは、継続してサービスを受ける場合、まだ受けていないサービスに対して支払った金額に使う科目です。サービスを受け取る権利を持つ、ということから資産項目に含まれます。

例えば、3月決算の会社で、インターネットの年間利用料1,200円が3/1に発生したとします。この時、1ヶ月の利用料は100円となります。

1,200÷12=100

支払時には、

通信費1,200 現預金1,200

として1年分の費用を先に計上します。

そして期末では、

3/31には未経過分、まだ受けていないサービス分である4月から翌年2月末までの11ヶ月分を前払費用として振り替えなければなりません。

この時に発生する仕訳は以下の通りです。

前払費用 1,100 通信費 1,100

そして翌期首に、前期に前払費用計上した通信費1,100円分を、前払費用として振り戻します。

通信費 1,100 前払費用 1,100円

 決算時の調整のための特別な科目であり、翌期にはもう一度費用科目に振り替えるのが特徴です。

何だか難しく感じますが、要は1年分先に費用計上したから、期末にまだサービス受けてない分の費用を減らすというだけです。会社として受けてないサービスなのに費用計上するのは会計上適正ではないからですね。

試験では、「●●の費用を繰り延べる」など書かれていますので、繰延=前払だなと頭の中で繋がるようにしておきましょう。

2.未払費用とは?

未払費用とは、既に支払が確定しており、かつ既に提供されたサービスに対してまだ支払われていないものを指します。

例えば、3月決算の会社で、1年間分のインターネット利用料の支払が1,200円であったとして、3/1に利用を開始し、3/1に実際に支払う契約を結んだとしましょう。

当期の3月決算の時点では、会社としては1ヶ月分(3/1~3/31)の利用料を費用認識するため、以下の仕訳を入れます。この時、1ヶ月分の利用料は、以下の計算式のように100円になります。

1,200÷12=100

利用開始時ではまだ支払は発生していませんので、

仕訳なし

期末では、発生した利用料は費用として認識する必要があるため、

通信費 100 未払金 100

 そして翌期首に、前期に未払金として計上した100円分を振り戻します。

未払金 100 通信費 100

 そして、翌年の3月に実際にこの未払金を支払います。

通信費 1,200 現金 1,200

前払費用と違い、期末になって初めて費用が発生して、翌期の支払時に全額を認識します。

試験では「●●の費用を見越す」など書かれていますので、見越=未払だなと頭の中で繋がるようにしておきましょう。

3.まとめ

言葉は似ていますが、

繰延=前払

見越=未払

はしっかり覚えておきましょう。

また、最初に計上される場所がそれぞれ前払費用は借方未払費用は貸方です。混同せず、しっかりと違いを理解していきましょうね!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

前受収益と未収収益をわかりやすく解説!!

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は前受収益と、未収収益についてです。

簿記3級では、経過勘定と言われる難しそうな論点がたくさん出てきます。

前受収益未収収益も上記の経過勘定に含まれる勘定科目です。

わかりづらいですがしっかりと理解していきましょう。

経過勘定とは?

経過勘定とは、継続してサービス提供を受けたり行ったりすることにより、時の経過に応じて収益または費用になるもののうち、現金支払や受取の時期とP/L上の損益認識の時期がずれている場合の処理の勘定科目です。

要はどういうこと!?

ざっくり申し上げますと、

1年間のサービス提供や費用支払が、企業の決算期間(3月決算ではX1年4月〜X2年3月)をまたいじゃったら、全額売上計上しないで、該当する月の分だけ収益/費用計上しないとダメよ。

ということです。

例えば、3月決算の会社がX1年6月に1年間分の収益計上したら、

収益:X1年6月〜X2年6月

決算期間:X1年4月〜X2年3月

X2年3〜6月までが余ってますね・・・

これを経過勘定と言われる勘定科目に一時的に計上して、

収益:X1年6月〜X2年3月

決算期間:X1年4月〜X2年3月

に揃えるイメージです。

上記は経過勘定のうち一例ですが、簿記3級の試験では1年間のサービス提供や家賃の支払/受取、保険料の前払などが出てきます。

前受収益とは?

前受収益とは、継続してサービスの提供を行う場合、まだ提供していないサービスに対して受け取った金額に使う科目です。サービスを提供する義務がある、ということから負債項目に含まれます。

例えば、3月決算の会社で1年間のサービスの利用料としての売上1,200円が3月に発生したとします。この時、1ヶ月の売上高は100円となります。

1,200÷12=100

前受収益は、サービスの提供より前にお金が入ってくることになるので、発生時には以下のような仕訳になります。

現金 1,200 売上 1,200

 期末には未経過分、まだ提供できていないサービス分である11ヶ月分を前受収益として振り替えなければなりません。

この時に発生する仕訳は以下の通りです。

売上 1,100 前受収益 1,100

そして翌期首に、前期に前受収益として計上した1,100円分を振り戻します。

前受収益 1,100 売上 1,100円

決算時の調整のための特別な科目であり、当期の売上を正しく認識するためのものであるということが特徴です。

2.未収収益とは?

未収収益とは、本業で売っているサービス以外のものを売って、代金は後で受け取る際に使用する科目です。

例えば、本業は商品販売業をやっていたとして、自社ビルのテナント家賃収入で利益が出て、その利益の金額を後で受け取る際に使用します。

具体例でみてみましょう。

3月決算の会社で、自社ビルの家賃収入が1年間1,200円であったとして、3月にテナント入居、翌年3月に実際に支払を受ける契約を結んだとしましょう。

3月の決算時点では、会社としては1ヶ月分の家賃収入が発生しているため、以下の仕訳を入れます。この時、1ヶ月の家賃は100円となります。

1,200÷12=100

未収収益 100 受取家賃 100

そして翌期首に、前期に未収収益として計上した100円分を振り戻します。

受取家賃 100 未収収益 1,100円

 翌年の3月に実際に支払を受けます。

現金 1,200 未収収益 1,200

前受収益と同様、当期の収益を正しく認識するためのものであるということが特徴です。

3.簿記3級で気をつけるべきポイント

3級で気をつけるべきポイントとして、前受収益と未収収益の違いを理解しておきましょう。

違いとしては、「お金を受け取るタイミング」と「なんのサービスの対価として受け取るお金なのか」という2つです。

1つ目の「お金を受け取るタイミング」は、サービスを提供する「前」にお金を受け取るのか、それとも「後」にお金を受け取るのかという違いです。

2つ目の「なんのサービスの対価として受け取るお金なのか」ということは、「本業」かそうでないか、の違いがあります。前受収益は、本業として売り上げたお金を計上する時に使いますが、未収収益は本業以外でお金を受け取る権利が発生した際に使います。

この2つに注意して、2つの科目を見分けていきましょう。

4.まとめ

同じ「収益」という言葉は使われていますが、気をつけるべきポイントで触れた通り、発生するタイミングと、何のサービスをこちらが提供したか、で使うべき科目が異なってきます。

前受収益→先に本業でお金を受け取っている

未収収益→本業以外でまだお金を受け取っていない

しっかりと見分けて、攻略していきましょう!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

貸倒引当金とは?わかりやすく解説!!

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は簿記3級のわかりづらい論点の1つ、貸倒引当金についてです。

会社を運営する上で、得意先、お客さんからお金をもらわなければいけない、ということは常に考えておかなければいけないことの1つです。

今日はそのお金、売上が回収できなくなるかもしれなくなった時に、どういう処理をすればいいのか、ということについて簿記3級の観点で理解していきましょう!

貸倒引当金とは?

まず、貸倒れ(かしだおれ)とは、得意先から売掛金や受取手形の代金が受け取れなくなってしまうことです。

売掛金や受取手形の代金が受け取れなくなってしまうパターンとしては、

・得意先の倒産

・倒産はしていないけどお金を払えない

などがあります。

こういった貸倒れはビジネス上一定の確率で起こりうると考えられるので、会社は決算時に、将来貸倒れる可能性がある売掛金や受取手形がどのくらいあるかを見積もって準備します。これを勘定科目貸倒引当金として計上します。

引当金とは、今後ほぼ確実に起こるだろうなという事象を事前に見積もっておくことです。売掛金が仮に貸倒れを起こすとその分当期の損失として取り扱う必要があるので、事前に貯金しておくんですね。

具体例で見ていきましょう。

例えば、期末時点で売掛金が10,000円あるとします。その際に、貸倒れが起きる可能性を10%と見積もった場合、持っている売掛金の10%、つまり1,000円を貸倒引当金として計上することになります。※簿記3級の試験の場合●%と指定されます。

貸倒引当金を計上する際の相手科目には、貸倒引当金繰入(費用)を使用します。仕訳のイメージとしては以下です。

貸倒引当金繰入 1,000 貸倒引当金 1,000

 

貸倒損失って何?

貸倒引当金は、あくまでも貸倒れる「可能性」があっただけなので、引当金を計上した時点では実際の損失は発生していません。

では、実際に貸倒れが発生してしまった場合の処理を説明します。もし、売掛金、受取手形が本当に貸倒れてしまった場合は、その分の売掛金、受取手形の金額を減らすとともに、決算の時に見積もった貸倒引当金を取り崩す、つまり減らします。

また、貸倒れた金額が、見積もった貸倒引当金を超えてしまった場合は、差額分を計上する必要があります。この時に使う勘定科目が「貸倒損失」です。

貸倒損失は、費用科目になりますので、借方科目になります。

例えば、貸倒引当金を1,000円見積もっていたとして、そのうちの300円が貸倒れた場合は、1,000円から300円を減らし、貸倒引当金を700円に調整するのみで、処理は完了します。事前に貯金しておいたおかげで不必要に費用を計上する必要がなくなるんですね。仕訳でいうと、

貸倒引当金 300 売掛金(受取手形) 300

です。余裕ですね。

ところが、貸倒引当金を1,000円しか見積もっていなかったのに、実際に発生した貸倒れの金額が1,100円だった場合、貸倒引当金として見積もっていた1,000円全てを減らしても足りないですよね。

なので、差額の100円分を貸倒損失として計上します。貯金を取り崩しても足りない分は仕方なく費用として認識する必要があるんです。

仕訳のイメージとしては以下です。

貸倒引当金 1,000 売掛金(受取手形) 1,100
貸倒損失 100

なお、貸倒引当金は「前期の」売掛金、受取手形に対して貯金したものなので、 「当期の」売掛金、受取手形が貸倒れてしまった場合は、全額を貸倒損失(費用)として計上します。

 

償却債権取立益って何?

では、回収不可能だと考えて前期以前に、貸倒れとして処理した売掛金、受取手形が当期に回収できた場合の処理について説明します。

このような場合は、勘定科目償却債権取立益(しょうきゃくさいけんとりたてえき)を使います。長い!けど頑張って覚えましょう。

例えば、貸倒引当金のうち、もう回収の見込みがないとして1,000円を減らして処理していたとします。

貸倒引当金繰入 1,000 貸倒引当金 1,000

そのうち、奇跡的に500円が回収できるようになり、実際に銀行口座に入ってきたとします。その時には、貸倒引当金を戻すのではなく、臨時収入として、償却債権取立益を計上します。仕訳のイメージとしては以下です。

現金 500 償却債権取立益 500

 

まとめ

なかなか覚えづらいので、以下の流れで覚えましょう。

期末の売掛金や受取手形に貸倒見積率を乗じて求める 貸倒引当金(負債)
当期中で発生した貸倒

(貸倒引当金がある場合)

まず前期に計上した貸倒引当金(負債)を取り崩して、足りなければ貸倒損失(費用)
当期中で発生した貸倒

(貸倒引当金がない場合)

貸倒損失(費用)
当期中に貸倒処理したのに偶然戻ってきた場合 償却債権取立益(収益)

 

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

クレジット売掛金とは?仕訳を解説!

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日はクレジット売掛金についてです。

クレジット売掛金とは読んで字のごとく、クレジットカードに関係する売掛金です。通常の売掛金とほぼ一緒の反面、試験で慌てて間違えやすい論点なので、しっかり理解しておきましょう!

 

クレジット売掛金とは?

クレジット売掛金とは、通常の商取引ではなく、クレジットカードによる決済を想定した売掛金です。

通常の商取引だと、顧客の収益力や信用力からいくらまで掛取引が出来るかを判定し(これを与信判定と言います)、売掛取引がスタートしますね。

この売掛金には、貸倒リスクや回収不能リスクが伴います。急に取引先が破産したり、払ってくれないなどの事象が起きるってことですね。(これ簿記の世界だけではなく、実務上もよくあります。)

ところが、クレジット売掛金の場合は、当社が上記のリスクを負うことなく、クレジット会社から、現金が入金されるんですね。また、当初の与信判定も、クレジット会社が「審査」という形で行ってくれるのでとても楽です。

その分支払手数料はかかります。何故支払手数料がかかるか、と言われると前述のリスクを当社の代わりに追ってくれているからですね。流石にクレジット会社もタダで「債権回収しますよ〜」とは言ってくれませんから。

 

クレジット売掛金で間違えやすいポイント

間違えやすいポイントは1つです。

・支払手数料は売上から差し引く!

・売掛金ではなく、クレジット売掛金を使う!

これ本当に間違えやすいんです。売上と別で支払手数料認識したり、売掛金て集計しちゃったり・・・

ここで誤ったりしたら追々売掛金を間違え、貸倒引当が間違え、PLは合わず・・・と色々波及してきます。ある種マニアックな論点ではあるので、出た時は確実に取りに行きましょう。

 

どういう仕訳するの?

会計上は、支払手数料は、売掛金の金額から差し引いて仕訳します。仮に売上1,000、支払手数料50だとすると、

クレジット売掛金950/売上1,000

支払手数料50

という仕訳になります。

また、簿記2級になると、消費税の概念も出てくるので、以下のような問題形式が多いかと思います。

売上は1,000で消費税抜方式8%で処理している。信販会社へのクレジット手数料は販売代金の5%である。

 

もう8%だの5%だのややこしい!!!

 

と思うかもしれませんが落ち着いて処理して行きましょう。落ち着いて処理すればなんてことありません。

まず売上は、消費税抜方式なので1,000で固定です。消費税は仮受消費税で処理しましょう。

    /売上1,000

               仮受消費税 80

次に、信販会社への手数料です。手数料は売上に対する%なので、1,000にかけます。これは商品販売代金なので税込税抜方式に関係なく、税抜の売上です。

1,000×5%=50

支払手数料が出たら、貸方の売上合計額から差し引いた分がクレジット売掛金ですね。

1,080-50=1,030

よって仕訳は

クレジット売掛金1,030/売上1,000

 支払手数料50                仮受消費税 80

こうなります。

まとめ

近年、通常の商取引よりも与信リスクを他者に転嫁していく取引が増えている影響か、クレジット売掛金の問題も普通に出題されるようになっています。

確実に押さえて得点源にしましょう!!!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

 

売上値引・割引・割戻の覚え方!!

こんにちは。サラリーマン簿記講師めたきんです。 今日は売上値引・割引・割戻についてです。

正直どう違うのよ!?文字面似すぎなんだよ!!!

と激昂されている方も少なくないのでは・・・

これ実は、それぞれの意味を理解すればすぐに覚えられます。

(おそらくですが)特に試験問題作る側も引っかかりやすいところ出さないと皆受かってしまいますのでこの論点はほぼほぼ出ると考えていただいていいと思います。

売上値引とは?

売上の値引は、通常顧客に売った商品やサービスの品質に問題があった場合に先方から「この商品ダメだから値引しろよ!」というクレームが発生した場合に代金を安くすることです。 以下の図を見て見ましょう。

顧客はややダサい時計渡されて、「じゃあ全額払いますね!」となるはずもありません。ただ全部返品するのも面倒。そんな時は当初決めた価格から値引を求めてきますよね。

当社側としては、その時計は100円の価値の売上ではなく95円の価値の売上になるので売上を減らすわけです。そして後日入金があるはずの売掛金も95 円になるので売掛金も減らすことになります。

結果として、

売上 5 / 売掛金 5

の仕訳になるわけです。

割戻とは?

売上の割戻は、平たくいうと「リベート」です。 以下の図で確認して見ましょう。

例えばあなたが時計の会社をやっているとして、毎月2~3円しか売れてなかったのに、急に100円売れたら最高ですよね?また、そんなにたくさん買ってくれる顧客は絶対逃したくないものです。

その場合、売上の割戻を行うことで、「他の会社と違ってこの会社からたくさん買うとリベートもらえるな!次回もよろしく頼むよ!」という話になりやすいですよね。 この割戻ですが、要は売上値引と性質は一緒です。

結果として、

売上5 / 売掛金5

の仕訳となります。

割引とは?

売上の割引は、支払期限の前に支払を受けてもらった場合に、代金を少しディスカウントすることです。以下の図で確認して見ましょう。

割引って単語どこかで聞いたことありませんか?そう手形です。手形は一定の期間後に入金されるものですが、それが待てない人が銀行に持ち込んで、「割引」してもらい、少し減った現金を受け取るんでしたね。

売上も一緒で、売掛金というのは代金を後払いしてもらうため、その期間に応じた利息が含まれています

よって、入金を待つ時間が短くなった=分の利息を認識してあげる必要があります。(手形売却損と似たような性格ですね)

結果として、

当座預金95 / 売掛金100

売上割引5

の仕訳になるわけです。手形と一緒で売掛金の残高には影響ありませんし、売上には何も影響ありません

ちょっと早く入金あった分を当社側で費用認識しているだけです。なお、利息的な性格の費用のため、営業外費用になります。

まとめ

上記でイメージを持ってもらえた方は試験用に以下の表をさっくりと覚えてしまいましょう。中途半端に覚えると、割戻と割引で確実に引っかかります。(今回のお題では出してないですが、返品も載せておきます)

売上返品 売上xx/売掛金xx
売上値引 売上xx/売掛金xx
売上割戻 売上xx/売掛金xx
売上割引 現預金xx/売掛金xx 売上割引xx

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください