資本金、資本準備金、資本剰余金の違いとは!?

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は、資本金、資本準備金、資本剰余金の違いについてです。

純資産って通常の取引と絡まないので結構苦手な方多いのではないでしょうか。

ところが、簿記の級が上がれば上がるほど、純資産の部は重要なポイントになっていきます。違いについてしっかり抑えていきましょう。

資本金とは

資本金は、株主が会社に対して払い込んだお金のことです。

会社を始める際に手元にお金がないと何も出来ませんね。株式会社は、株主に対して株式を発行し、対価としてお金を受取り、事業を始めます。

受取時の仕訳としては、

現金預金XX 資本金XX 

です。

なんだか資本金と聞くと、借方に来そうですが、あくまで純資産の科目。貸方にするのを間違えないようにしましょう。

その他の資本項目

純資産の部には、資本金以外に資本剰余金という科目が存在します。(その他にも利益剰余金等があります。忘れた方はこちらから確認)

さらに資本剰余金には内訳として、資本準備金その他資本剰余金があります。

 

ややこしいので以下の表でさっと覚えてしまいましょう。

資本準備金とは

資本準備金は皆さんよく知っている、資本金の半分を計上する勘定科目のやつですね。正確にいうと、会社法で定める資本金として計上しないこととした資本金のことです。

会社法では、資本金の払込があった時に、1/2の金額まで資本準備金として計上する事ができるんですね。

仕訳でみていきましょう。

資本金3,000の払込みを受けた場合、

現金預金3,000 資本金1,500
資本準備金1,500

ここで疑問が多いのが何で資本金に全部計上しないのか?という点です。

資本金が大きい方が会社としても立派に見えるような・・・と思いますが、実は、資本金が多額になると結構デメリットがあります。

例えば、資本金が1億円を越えると法人事業税の外径標準対象会社に該当してしまい、資本割が適用される→税金が高くなるなど税務面で結構デメリットがあります。(その他もたくさんあるので興味がある方は資本金 デメリットなどで検索してみましょう)

その他資本剰余金とは

 

その他資本剰余金とは、上の図にもある通り、

資本準備金以外の資本取引によって発生した金額です。

その他資本剰余金は使い道が結構多く、自己株式の処分差損益など資本取引の際に使います。簿記2級だと資本剰余金の配当の時に出て来ますね。

仕訳でみていきましょう。

株主総会で配当金2,000を資本剰余金から配当する決議を行った場合、

その他資本剰余金2,000 未払配当金2,000

です。基本的にその他資本剰余金は資本金と資本準備金以外の資本取引に多用される勘定科目と覚えておけばOKです。

まとめ

資本金、資本準備金、資本剰余金などの純資産項目は皆さん大の苦手です。

普段の取引だと出てこないので慣れないですね。

気をつけるべき点は以下2つ!

1.属性

資本金:株主からもらった運営資金

資本剰余金:資本金以外の資本。資本準備金とその他資本剰余金に分かれてる

2.仕訳

なんとなく借方っぽいですが、

純資産は貸方科目。減る時は借方!増える時は貸方

しっかり覚えて試験の際にミスがないようにしましょうね。

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

当期純利益、利益剰余金、繰越利益剰余金、配当の関係性とは!?

こんにちは!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は、Twitterのフォロワー様からリクエストいただきました

当期純利益、利益剰余金、繰越利益剰余金、配当の関係性についてです。

この論点結構皆様苦手です。過去講師をさせていただいた方からもお問い合わせをかなりいただいた論点になります。(逆に言うと、大半の人苦手ってことです)

このブログでしっかり理解して得点源にしましょう!

そもそもなんで利益稼いでるの?

当期純利益はPLで、収益から費用やら法人税やら全部引いて残った利益でしたね。

 

では、この当期純利益って何のために稼いでるんでしたっけ?

 

社員を養うため?→それも目的ですが人件費はもう費用に含まれてますね。養い済

会社の業績を表すため→それも目的ですがもう一つ大事な目的があります。

 

そう!株主に配当しなきゃいかんのです!!

 

株式会社は会社始める時に、株主からお金を株式と交換にもらってそのお金を元手にしますね。株主はお金を出す(=出資)する代わりに、毎年配当という形で会社からお金をもらいます。利息みたいなもんだと思ってください。

このお金の原資になるのが当期純利益です。

 

繰越利益剰余金への振替

でも、教科書には繰越利益剰余金から配当って書いてあるよ、、

おっしゃる通りです。当期純利益って実は勘定科目としては存在しなくて、配当するときには繰越利益剰余金ていうBS科目から振り替えないといけません

ここでよく引っかかるのが利益剰余金と繰越利益剰余金の違いです。私も最初さっぱり覚えられませんでした。

サクッと以下の図で覚えちゃいましょう。

利益剰余金っていう項目の下に、利益準備金、その他利益剰余金がいます。その他利益剰余金は更に下層がいて、繰越利益剰余金別途積立金です。

BSの繰越利益剰余金は毎年出た利益を貯めておく預金通帳をイメージしてください。PLは1年間の増減を表すだけで毎年の利益は積み立てられないので預金通帳に入れておきます。

じゃあどうやって当期純利益から繰越利益剰余金にするの?という時に損益振替が出てきます。

当期純利益の数字を一旦「損益」という科目に振替するために、全ての収益と全ての費用をまとめて損益に振替えます。以下の図を見てください。

貸方差額が当期純利益として発生した分です。

まずこれを損益勘定に振替えます。

収益100/損益100

損益50/費用50

損益が貸方に50出ましたね!

では、次にこれを繰越利益剰余金に振替えていきましょう。

損益50/繰越利益剰余金50

これで1年間で出たPLの利益50をBSの預金通帳に入れ終わりました

早速配当していきましょう!

配当を行う

先程も言った通り、会社は株主に配当をしなければいけません

配当は会社法という法律の規定によって原則株主総会で金額を決議します。(1株あたりいくら払います!総額いくらです!ってやつですね)

今回は配当20だとします。

ではBSの預金通帳、繰越利益剰余金から出金しましょう!

繰越利益剰余金20/未払配当金20

この時忘れてはいけないのが、利益準備金の積立と別途積立金の積立です。

利益準備金→将来会社が傾いても株主に配当したり出来るように儲かってるうちに積み立てといて!

別途積立金→配当以外で会社がお金使いたい時のへそくり(株主の了承ありでね)しとこか!

利益準備金の計算方法は以下の通りですね。

①資本金×1/4-(資本準備金+利益準備金)

②配当の支払額×1/10

のどちらか小さい方

今回は簡易的に10とします

別途積立金(今回は10)は試験では指定があるので、その金額を併せて以下のように仕訳しましょう。

繰越利益剰余金40/未払配当金20

                              利益準備金10

                              別途積立金10

これで配当を払う予定まで完了です。

あとは支払った時に

未払配当金20/現預金20

と未払配当金を支払ってしまえばおしまい!

 

まとめ

上記の流れをざっくりと説明すると以下のようになります。

 

①収益と費用を「損益勘定」に振替える!(当期純利益を一旦損益へ)

②損益勘定から繰越利益剰余金へ振替える!(損益→繰越利益剰余金へ)

③繰越利益剰余金から未払配当金とか利益準備金に振替える!(繰越利益剰余金→配当へ)

④未払配当金を支払う!(配当実施完了!)

振替てばっかですね。ただこの振替をしっかり理解しておけば怖いものなしです。

ここを理解してしっかりと得点源にしましょう!

 

 

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください