棚卸減耗損と商品評価損の違いとは!?わかりやすく解説!!

みなさんこんにちわ!サラリーマン簿記講師です。

今日は棚卸減耗損商品評価損についてです。

この論点必ず試験に出るのに、皆さんとても苦手です。

何故ならわかりづらいから。

どっちも実地棚卸した時の損失でしょ!?

どっちでもいいよ!!

と怒る気持ちもわかりますが、ここをしっかり理解すれば得点源になります。

以下でしっかりと理解していきましょう。

棚卸減耗損とは?

棚卸減耗損とは、商品を仕入販売している会社や製造販売している会社において、記録している帳簿と実際の商品・製品の数が異なった際に使う勘定科目です。

例えば、

原価が@100円の商品 

商品の個数を記録している帳簿上300個

実際に数えてみたら270個

だった場合、減った分の30個が棚卸減耗損になります。

計算すると、30個×@100円=3,000円が棚卸減耗損として計上されます。

商品評価損とは?

商品評価損とは、実際の商品・製品の中で破損しているものについて評価額を減らすことです。

例えば、

原価が@100円の商品 

商品の個数を記録している帳簿上300個

実際に数えてみたら270個(うち10個は破損しており、評価額は@30円である)

だった場合、実際に数えた個数のうち、10個の破損分が商品評価損になります。

計算すると、(@100円-@30円)×10個=700円

が商品評価損になります。

なお、商品評価をした時に気をつけたいのが、商品が原価の金額よりも値上がりしている時です。

例えば、

原価が@100円の商品 

商品の個数を記録している帳簿上300個

実際に数えてみたら270個(うち10個の評価額は@130円である)

の場合、原価@100円より高くなっちゃってますよね?これは会計基準上、処理なしでOKです。

いつ使うの?

棚卸減耗損と商品評価損は、決算整理仕訳として行われる「しーくりくりしー」後のタイミングで使います。

なんでここで使うんだ?という方は売上原価としーくりくりしーの関係性を今一度みて見てください。この作業は、原価を計算するための手続きです。

原価は、商品をいくつ仕入れて、いくつ売って・・・というのを集計して求められますから、この商品の個数がかなり大事になってきますね。

棚卸減耗損も商品評価損も実際の商品の個数を数えたり商品の評価を行い、それによる減少を認識する作業ですので、順番としては、

「しーくりくりしー」→棚卸減耗損の認識→商品評価損の認識

という手順です。

※直接売上原価で認識する場合は上記の手順でなくてもいいのですがわかりやすくしてます。

決算整理仕訳を行う際の注意点

「しーくりくりしー」→棚卸減耗損の認識→商品評価損の認識

で処理していきますが、ここで大概の人が、引っかかるポイントがあります。

それは、しーくりくりしーをする期末繰越商品の数を、実地棚卸の金額にしてしまうというミスです。

以下の例題で実際に見て見ましょう。

期首繰越商品:10,000円

期末繰越商品:

原価が@100円の商品 

商品の個数を記録している帳簿上300個

実際に数えてみたら270個(うち10個は破損しており、評価額は@30円である)

【間違い回答】

期末繰越商品は、@100円×300個=30,000円。で、実地の棚卸の金額は、270個だから、期末繰越商品は27,000円だ!

⬇️

仕入10,000 繰越商品10,000
繰越商品27,000 仕入27,000

よーし、あとは棚卸減耗損と商品評価損を計上して終わりだ!

棚卸減耗損3,000 繰越商品3,000
商品評価損700 繰越商品700

完璧!!!

という流れで皆さん間違えます。

このやり方だと棚卸減耗損分の3,000を2回減らしてしまってますので

繰越商品の残高が合わなくなります。

【正解思考】

期末繰越商品は、@100円×300個=30,000円。

仕入10,000 繰越商品10,000
繰越商品30,000 仕入30,000

よーし、あとは棚卸減耗損と商品評価損を計上して終わりだ!

棚卸減耗損3,000 繰越商品3,000
商品評価損700 繰越商品700

完璧!!

これが正解です。

まとめ

棚卸減耗損と商品評価損を正しく理解することで、試験で得点源になります。

棚卸減耗損=帳簿の金額と実際の金額の差

・商品評価損=破損などした商品の破損分の金額

・使う場所=「しーくりくりしー」のあと

是非覚えてくださいね!

前払費用と未払費用の違いとは?

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は前払費用と、未払費用についてです。

費用」と同じ言葉が使われているので、混同してしまいがちですが、ここを放っておくと大変!!!試験ではほぼ確実に出題されます。そんな2つの科目について、今回は学んでいきましょう。

1.前払費用とは?

前払費用とは、継続してサービスを受ける場合、まだ受けていないサービスに対して支払った金額に使う科目です。サービスを受け取る権利を持つ、ということから資産項目に含まれます。

例えば、3月決算の会社で、インターネットの年間利用料1,200円が3/1に発生したとします。この時、1ヶ月の利用料は100円となります。

1,200÷12=100

支払時には、

通信費1,200 現預金1,200

として1年分の費用を先に計上します。

そして期末では、

3/31には未経過分、まだ受けていないサービス分である4月から翌年2月末までの11ヶ月分を前払費用として振り替えなければなりません。

この時に発生する仕訳は以下の通りです。

前払費用 1,100 通信費 1,100

そして翌期首に、前期に前払費用計上した通信費1,100円分を、前払費用として振り戻します。

通信費 1,100 前払費用 1,100円

 決算時の調整のための特別な科目であり、翌期にはもう一度費用科目に振り替えるのが特徴です。

何だか難しく感じますが、要は1年分先に費用計上したから、期末にまだサービス受けてない分の費用を減らすというだけです。会社として受けてないサービスなのに費用計上するのは会計上適正ではないからですね。

試験では、「●●の費用を繰り延べる」など書かれていますので、繰延=前払だなと頭の中で繋がるようにしておきましょう。

2.未払費用とは?

未払費用とは、既に支払が確定しており、かつ既に提供されたサービスに対してまだ支払われていないものを指します。

例えば、3月決算の会社で、1年間分のインターネット利用料の支払が1,200円であったとして、3/1に利用を開始し、3/1に実際に支払う契約を結んだとしましょう。

当期の3月決算の時点では、会社としては1ヶ月分(3/1~3/31)の利用料を費用認識するため、以下の仕訳を入れます。この時、1ヶ月分の利用料は、以下の計算式のように100円になります。

1,200÷12=100

利用開始時ではまだ支払は発生していませんので、

仕訳なし

期末では、発生した利用料は費用として認識する必要があるため、

通信費 100 未払金 100

 そして翌期首に、前期に未払金として計上した100円分を振り戻します。

未払金 100 通信費 100

 そして、翌年の3月に実際にこの未払金を支払います。

通信費 1,200 現金 1,200

前払費用と違い、期末になって初めて費用が発生して、翌期の支払時に全額を認識します。

試験では「●●の費用を見越す」など書かれていますので、見越=未払だなと頭の中で繋がるようにしておきましょう。

3.まとめ

言葉は似ていますが、

繰延=前払

見越=未払

はしっかり覚えておきましょう。

また、最初に計上される場所がそれぞれ前払費用は借方未払費用は貸方です。混同せず、しっかりと違いを理解していきましょうね!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

売上原価対立法とは?わかりやすく解説!

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は売上原価対立法についてご説明します。

なんのお話?

という方は、簿記2級のテキストの売上原価の部分を再度読んでみましょう。

三分法売上原価対立法の記載があるはずです。

以下で、売上原価対立法とは?という点、三分法との違いをご説明いたします。

売上原価対立法とは?

売上原価対立法とはその名の通り、売上が計上される都度、売上原価が計上される仕訳の方法です。

通常、「商品」「売上」「売上原価」の3つの勘定科目を使います。

三分法との違いとは?

1つ目のポイント

仕入を行った際の勘定科目

三分法 売上原価対立法
仕入 商品

売上原価対立法では、仕入を行った際に「仕入」という勘定科目を用いません。それぞれの商品の増減をはっきりさせるため、直接「商品」の勘定科目を使います。

普段皆さんが使っている三分法では、仕入を行った商品分の費用を仕入という勘定科目に集約をしていますね。

2つ目のポイント

販売した際の原価に関する仕訳

三分法 売上原価対立法
なし 売上原価XX/商品XX

売上原価対立法では、商品を販売すると同時に売上原価を認識します。

一方、三分法では、商品販売時には原価は認識せず、決算時に認識をするんでしたね。(忘れた方は売上原価としーくりくりしーの関係性を確認!)

3つ目のポイント!

決算時の仕訳

三分法 売上原価対立法
仕入XX/繰越商品XX

繰越商品XX/仕入XX

なし

売上原価対立法は販売の都度売上原価を認識しているため、決算時に原価算定の仕訳を行いません。三分法でいう”しーくりくりしー”がないんですね。

具体的に仕訳で見てみよう!

以下の問題を売上原価対立法で仕訳にしてみましょう。

1.商品を500円仕入れた。

商品 500 買掛金 500

→ここでは仕入という勘定科目を使わず、商品で直接認識します。これが原価分の在庫ですね。

2.仕入れた商品を1,000円で売却した。

売掛金1,000 売上1,000
売上原価500 商品500

 商品を販売したときに同時に売上原価を認識します。売上原価を認識するときに商品在庫もなくなるため、商品を減らします。

3.決算を迎えた

仕訳なし

→販売時に既に売上原価を認識しているため、売上原価算定の仕訳はなしです。

まとめ

簿記2級から出てくる売上原価対立法のポイントは以下です。

・使う勘定科目「商品」「売上」「売上原価」の3つ

・販売時に売上原価を認識

・決算時の仕訳なし

三分法と大きく仕訳の方法が異なるため、しっかり覚えておきましょうね!

 

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

売上原価としーくりくりしーの関係性

こんにちは。サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は簿記3級を受験される方が罠にハマりやすい魔法の言葉「しーくりくりしー」についてです。売上原価を求める際に使う手法ですが、受験生の方は意外にこのことを理解していなかったりしますので以下で解説します。

しーくりくりしーって何?

しーくりくりしーとは、

  • 仕入XX/繰越商品XX
  • 繰越商品XX/仕入XX

いれくりこししょうひんくりこししょうひんいれ)の頭文字を取って作られた売上原価を求める仕訳の暗記法です。

通常期首の繰越商品の金額を⑴に入れ、期末の繰越商品の金額を⑵に入れて、仕入勘定を通じて売上原価を算出します。

主に簿記3級の受験生はこの言葉を繰り返し覚えますが、意味を理解しないと試験に受からない、はたまた受かっても意味が理解できず、あとあと悶絶することになります。

そもそも売上原価って何?

売上原価とは、売れた商品の仕入れや製造にかかった費用のことです。簿記3級(のうち三分法)の世界では、「仕入」に該当します。例えば、カバンを100円で仕入れて、200円で売った場合、

財務諸表の表示は、

売上       200

売上原価   100

売上総利益 100

となりますね。

この売上原価を算定するために仕入勘定を使います。使うと言うのは、仕入勘定を増やしたり減らしたりして売上原価金額を算定するぜ!と言うことです。

具体的にどう計算するの?

下の図で見てみましょう。

真ん中の人(簿記してる人)は期首繰越商品=在庫をすでに100持っています。この人が期末に倉庫のカバンを棚卸ししたら期末繰越商品=在庫が300だったとしましょう。

その場合仕訳は

仕入 100/繰越商品100

繰越商品300/仕入300

になります。いやいや仕入の500どこに行ったんだよと言う話ですね。

これは仕入をした時に

仕入 500/買掛金 500

と言う仕訳を切っていますので、売上原価の金額は

100+500-300=300

になります。

これが一撃でわかればいいのですが、なんだかややこしいですね。

なので、期末に仕入勘定を通じて「期中に出て行ったカバンの仕入値」を算定します。

下図のBOXで見てみると一目瞭然です。

期首繰越商品+期中に仕入れたカバン-期中に出て行ったカバン=300

と言うことは、期中に出て行ったカバンの仕入値=売上原価は300になります。

このBOXを仕訳で表現するために、期首の繰越商品を仕入勘定に振替(=しーくり)して、期末の繰越商品を仕入から除外(=くりしー)すると言うわけです。

BOXって覚える必要あるの?

実はこのBOX、原価BOXと言われ、簿記2級に進んだ時に工業簿記でよーく使います。簿記3級の段階で、このBOXを使えるようになっていると、簿記2級を勉強する時に「は?原価BOX?」とならずに済みます。私は受験生の時なりました。

いかがでしたでしょうか。何気なく勉強していることも本質的に捉えると、より学習が進みます。

皆さまの勉強の一助になれば幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください