連結会計part5〜成果連結のキホン〜

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は連結part5成果連結です。

成果連結ってなんじゃい!?

と思う方もいるかもしれません。実はpart4までって資本連結しかしてなかったんですね。

早速確認していきましょう!

成果連結とは

連結グループでは、親会社から子会社、子会社から親会社とグループ内での取引が頻繁に行われます

ただ、その場合グループ間の売上や原価は単純合算によって足されてしまうので、連結グループとしての報告を行う場合、内部取引として消去の仕訳を入れなきゃいけませんね。(連結の仕組みが思い出せない方は、連結会計シリーズPart1〜そもそも連結会計とは!?〜をチェック)

上記のような取引に対する仕訳を総じて、成果連結といったりします。

成果連結でやること

成果連結でやることは、主に以下のことです。

1.売上と原価の消去

2.売掛金と買掛金の消去

3.貸付金と借入金の消去

4.受取利息と支払利息の消去

※皆さま大嫌いなアップストリーム、ダウンストリームがからむ未実現損益は次回part6にて!今回は未実現損益がない前提で見ていきます。

1.売上と原価の消去

親会社も子会社もそれぞれ事業を行っています。物を仕入れて、原価を認識し、売上を計上します。

ところがその相手先が親会社に対して、または子会社に対して、となった場合、以下のような状況になります。

連結グループ外からすると、何も起きてないですね。親会社と子会社が家の中で取引しているだけです。

連結の目的は連結グループ全体での外部に対する損益を出すことですから、このままにしておくと、売上と原価を課題に計上している状態です。

以下の修正仕訳で対応しましょう。

売上原価xx 売上高xx

これで連結グループとしての損益が表示できます。

ここで結構質問が多いのが、親会社の分と子会社の分てわかるようにしといた方がいいんじゃないの?という点です。

これはぶっちゃけ不要です。何故ならここで入れている仕訳は連結グループ全体で連結決算を行う際の調整の仕訳なので、親会社だろうが子会社だろうがどちらでもOKですね。(実務上は個別財務諸表に対して調整仕訳を加減算することが多いのでちゃんと見分けますが、簿記2級レベルであれば不要です)

2.売掛金と買掛金の消去

さて売上高と売上原価相殺したからひと段落、、

と思っている方!ダメです!

当然P/LがあればB/Sもあります。

相手勘定である売掛金や買掛金も連結グループ外から見たら「余計に計上してる」ことに変わりはありません。

以下の仕訳で消去していきましょう。

買掛金xx 売掛金xx

これでOK!!

3.貸付金と借入金の消去

グループ内の子会社へお金を貸すことは実務でもよくあります。

グループファイナンスと呼ばれるものの一環です。

何でそんなことしてるかというと、

子会社が仮に外部からお金を借りようとすると以下のようになります。

めちゃくちゃめんどくさいですね。かつ、利息もかなり取られます。

そんな中連結グループ内の親会社からであれば、低利息で借りられますし、面倒な審査もほぼなし!お父さんお母さんにお小遣い前借りするのと、金融機関に借りるのだとかなりハードル違いますね。

※蛇足ですが、税務上利息取らないと寄付金扱いになり損金不参入額が増え課税所得が増えといいことないため、実務上はグループ間でも利息取ります

この貸付と借入ですが、これもグループ外には何も関係ない話です。以下の仕訳で修正しましょう。

借入金xx 貸付金xx

4.受取利息と支払利息

さて、親会社から借入できました、、、が、当然利息は取られます。

この利息も連結グループ外から見れば単にグループ内でちょこちょこお金やり取りしてるだけで外部から見たら何も関係ありません。

以下の仕訳で修正しましょう。

受取利息xx 支払利息xx

これでOK!!

あれ?配当は?

子会社って親会社に配当するんだよね!?それも相殺するでしょ!?

という方、連結会計part3〜連結第1期の修正仕訳〜を見直しましょう。

もう実は資本連結側で相殺処理してますね。

これ結構間違える人多くて、連結修正仕訳に突然

受取配当金xx 繰越利益剰余金xx

という追加仕訳。。。。。

もう相殺してるでしょ!!!!

ここ間違えないようにしましょうね。

まとめ

今回は成果連結で未実現損益を伴わない例をあげました。まとめると

1.売上と原価の消去

2.売掛金と買掛金の消去

3.貸付金と借入金の消去

4.受取利息と支払利息の消去

です。全て親会社と子会社でそれぞれ計上した仕訳を相殺してるだけです。成果連結とか言われると身構えるかもしれませんが超簡単!

次回part6は超簡単ではない未実現損益!アップストリーム、ダウンストリームもあります。

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

連結会計part4〜連結第2期〜

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は連結part4〜連結第2期〜です。

連結第2期がわかれば連結の道半ばまで来たことになります!早速やっていきましょう!

連結第2期にやること

連結決算は通常以下のフローで行なっていきます。

実は毎回同じ開始仕訳を切るわけではなくて、秘伝のタレのように前期に切った連結修正仕訳をドンドン追加していきます。連結の期が大きくなればなるほど複雑になっていくというえげつないシステムなんですね。

早速開始仕訳を切っていきましょう。

連結2期の修正仕訳

以下が連結第1期だとして、第2期の修正を進めていきます。

今回ものれんあり非支配株主持分ありです。

【前提】

前々期の期末に子会社株式の70%を4,000で取得。連結第2期の当期純利益は500。利益剰余金からの配当は200。のれんの償却は10年定額法で支配獲得の翌年から行なっている。

【前提】連結第1期の連結修正仕訳

1.開始仕訳

資本金(期首)3,000 子会社株式4,000
資本剰余金(期首)1,000 非支配株主持分(期首)1,500
利益剰余金1,000(期首)
のれん 500

2.のれん償却

のれん償却費50 のれん50

3.利益剰余金の振替

非支配株主に帰属する当期純利益300 非支配株主持分300

4.子会社配当の振替

受取配当金70 利益剰余金100
非支配株主持分30

それでは、手順通りにやっていきましょう!

開始仕訳の算定

1.利益剰余金の加減算

まず開始仕訳を行う際に、前期連結修正のPLに関わる項目は利益剰余金に集計します。なんででしょう?

PL項目である当期純利益はあくまでその期稼いだ額を表示しているだけで、毎年累積できません。なので、貯金として利益剰余金にどんどん振り替えていくんでしたね。(思い出せない方は当期純利益、利益剰余金、繰越利益剰余金、配当の関係性とは!?をチェック)

連結も同様に、連結第1期に起こったPL絡みの仕訳は利益剰余金の修正として集計をします。利益剰余金絡みの仕訳も当然集計ですね。

PL絡み(赤字)、利益剰余金絡み(青字)の仕訳は以下の通り。

・のれん償却

のれん償却費50 のれん50

利益剰余金の振替

非支配株主に帰属する当期純利益300 非支配株主持分300

・子会社配当の振替

受取配当金70 利益剰余金100
非支配株主持分30

これらを利益剰余金に加減算していきます。

利益剰余金(期首)1,000+のれん償却費50+非支配株主に帰属する当期純利益300+受取配当金70ー利益剰余金100=1,320

これが連結第2期の利益剰余金(期首)の修正仕訳になります。仕訳にするとこんな感じですね。

・のれん償却

利益剰余金(期首)50 のれん50

・利益剰余金の振替

利益剰余金(期首)300 非支配株主持分300

・子会社配当の振替

利益剰余金(期首)70 利益剰余金(期首)100
非支配株主持分30  

2.非支配株主持分の加減算

次に非支配株主持分を調整していきましょう。

非支配株主持分絡みの仕訳(赤字)は以下の通り

・利益剰余金の振替

利益剰余金(期首)300 非支配株主持分300

子会社配当の振替

利益剰余金(期首)70 利益剰余金(期首)100
非支配株主持分30

これはもうまんま書いてあるので単純に加減算。

非支配株主持分(期首)1,500+利益剰余金振替300ー子会社配当振替30=1,770

余裕ですね!

3.その他の調整

さて、あと残っている仕訳(赤字)は以下です。

・のれん償却

利益剰余金(期首)50 のれん50

そう、のれんです。のれんは普通に加減算。株主資本等変動計算書の項目ではないため、期首とかは不要です。

のれん500-50=450

これが連結第2期時点の開始仕訳の数値ですね。前期に行った連結修正仕訳を追加して行きます。

4.集計

上記1.〜3.の結果を集計していきましょう。

資本金(期首)3,000 子会社株式4,000
資本剰余金(期首)1,000 非支配株主持分(期首)1,770
利益剰余金1,320(期首)
のれん 450

貸借一致しましたね。これで連結第2期の開始仕訳はOK。

あとは、連結第1期と同じ修正仕訳を行うだけです。

連結第2期の修正仕訳

連結修正仕訳は以下の通りでしたね。(思い出せない方は「連結会計part3〜連結第1期の修正仕訳〜」からチェック!)

①生じたのれんの償却

②子会社の当期純利益の修正

③子会社配当金の修正

早速やっていきましょう。

①生じたのれんの償却

のれんはもともと500ありました。それを10年で償却していくんでしたね。

500÷10年=50

のれん償却費50 のれん50

※間違えやすいのがここ!のれんは最初の残高を定額法で償却と書いてあります!間違えて連結第1期の残高450を10年で割らないように!

②子会社の当期純利益の修正

当期純利益を非支配株主と分けます。

第2期の子会社当期純利益500×30%=150

非支配株主に帰属する当期純利益150 非支配株主持分150

③子会社配当金の修正

子会社からもらった配当によって減った利益剰余金を非支配株主と分けます。

子会社配当200×30%=60

200-60=140が親会社配当

受取配当金140 利益剰余金200
非支配株主持分60

上記の仕訳を反映した連結第2期の修正仕訳が以下の通りです。

 

開始仕訳

資本金(期首)3,000 子会社株式4,000
資本剰余金(期首)1,000  非支配株主持分(期首)1,770
利益剰余金1,320(期首)
のれん 450

当期仕訳

のれん償却費50 のれん50
非支配株主に帰属する当期純利益150 非支配株主持分150
受取配当金140 利益剰余金200
非支配株主持分60

 

まとめ

これで連結のうち、資本連結と言われている部分は終了です。

イメージとして、開始仕訳はひたすらに積み上げていくものです。ややこしいように思いますが、簿記2級の連結はコツさえ掴んでしまえば混乱せずに集計できますので、しっかり以下の流れを覚えましょう。

①前期開始仕訳の引き継ぎ

②利益剰余金項目の加減算

③非支配株主持分の加減算

④その他項目の加減算

⑤当期修正仕訳の算定

次回は連結会計part5.成果連結についてです。ここから皆さま超苦手の未実現損益が出てきます!お楽しみに!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

連結会計part3〜連結第1期の修正仕訳〜

こんにちは!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は連結会計part3連結第1期の仕訳についてです。

ここから皆様大苦手の開始仕訳が出てきます。

ややこしいような気もしますが、実はそんなに難しくありません。ここをしっかりと理解することで、連結第2期にも影響してきます。しっかり読み取って理解していきましょう。

連結第1期に行うこと

支配獲得のタイミングは、BSだけを連結するんでしたね。(思い出せない方はこちら)

連結第1期に入ると、子会社もグループ内の企業として収益を上げ、配当をするようになりますので、PL及びSS(株主資本等変動計算書)も連結が必要です。

連結第1期の連結修正は、概ね以下のフローで進みます。

⓪個別財務諸表の単純合算

①前期支配獲得によって生じた連結修正仕訳を開始仕訳として切る

②生じたのれんの償却

③子会社の当期純利益の修正

④子会社配当金の修正

※本当は損益取引や未実現損益の消去がありますが、別テーマにてご説明します。

それでは、連結を始めましょう。

今回は、アンラッキーパターンで非支配株主もいるしのれんもあるパターンです。

個別財務諸表の単純合算

これは支配獲得日と同じです。が、今回は期中に子会社も活躍してくれているのでPL、SSも合算します。

前期支配獲得によって生じた連結修正仕訳を開始仕訳として切る

前回支配獲得時にはこんな仕訳を切りましたね。

資本金xx   子会社株式xx
資本剰余金xx 非支配株主持分xx
利益剰余金xx
のれん xx

これをそのままもう一回切ります。連結って、実は前期の連結修正仕訳を毎回開始仕訳(前期に切った仕訳で残高が残っているもの)として引き継ぎますただし、特定の勘定科目には(期首)をつけます。

資本金(期首)xx 子会社株式xx
資本剰余金(期首)xx 非支配株主持分xx(期首)
利益剰余金xx(期首)
のれん xx

これは連結の株主資本等変動計算書を作成する際に、いつの期の変動かわからなくなるのを防ぐためです。

生じたのれんの償却

さて、ここからが第1期の醍醐味期中の連結修正です。

子会社を思ったより高く買ってしまった時にのれんが発生するんでしたね。支配獲得時に計上したのれんは開始仕訳を通じて計上されています。

この、のれんは、20年以内の合理的な期間内に定額法その他合理的な方法により償却をする必要があります。

早速仕訳を切っていきましょう。

のれん償却xx のれんxx

これだけです。ただ、注意が必要なのがどこに表示するか!のれん償却は何となく本業には関係なさそうなので営業外費用などにしてしまいがちですが、販売費及び一般管理費です。超絶気をつけましょう。

子会社の当期純利益の修正

次に子会社の当期純利益を非支配株主持分に合わせて修正します。

 

何でそんなことやらなきゃいけないの!?だってもう合算したでしょ!?

 

と思う方、思い出してください。第1回で説明したように、連結した子会社に他の株主がいる場合、その子会社の計上した利益は親会社とその他の株主で分けなければいけません

皆んなでお金出してカントリーマアムを買ったのに、独り占めされたら「おいおい、俺も金出したんだけど、、バニラ味くれよ」と思いますよね?そのイメージです。

よって非支配株主の保有比率に応じて、利益を配分します。

非支配株主に帰属する当期利益xx 非支配株主持分xx

これで個別財務諸表の合算によって入ってきた100%の子会社の利益を非支配株主に配分できました。なお、表示上、非支配株主に帰属する当期利益は、当期純利益の内訳項目、非支配株主持分は純資産に表示します。

子会社配当金の修正

最後に子会社配当金の修正です。

親会社は子会社の株主であることから、配当を受ける権利を有しています。しかし、親会社が配当を受取配当金として収益認識した場合、それは子会社からの収益であるため相殺しなきゃいけないですね。

親会社が受け取った仕訳

現預金xx 受取配当金xx

子会社が払った仕訳

利益剰余金xx 現預金xx

何で利益剰余金なの?という方はこちらで確認!

上記のうち、受取配当金と利益剰余金を相殺しましょう!

受取配当金xx 利益剰余金xx

さてここで何となく違和感を感じた方、正解です。子会社の利益剰余金が配当によって減っているのに、非支配株主だけ利益剰余金減ってません。割り勘なのに払ってないやつには払ってもらいましょう。

受取配当金xx 利益剰余金xx
非支配株主持分xx

これでOKです。

まとめ

連結会計の第1期目、特に非支配株主持分は少しややこしいですが、全てにイメージを持って取り組みましょう。以下の流れも忘れないように!

⓪個別財務諸表の単純合算

①前期支配獲得によって生じた連結修正仕訳を開始仕訳として切る

②生じたのれんの償却

③子会社の当期純利益の修正

④子会社配当金の修正

連結会計Part4は連結第2期の修正仕訳です。お楽しみに!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

連結会計シリーズPart2〜支配獲得日〜

こんにちは!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は連結会計シリーズpart2支配獲得日についてです。

この論点、実は仕訳にすると割とあっさりしているものの皆さん苦手です。

正直いきなり子会社だ!連結しろ!とか言われてもとっつきづらいですよね。以下で解説していきます。

支配獲得とは?

連結会計の対象になるのは、議決権の過半数を取得したときでしたね。なにそれ?という方はこちらを確認してください。

要は、株式を取得した会社の重要事項にとてーも強く口出しできるということです。子会社になった会社は、親会社の賛成なしに配当とかできなくなっちゃいますからね。

支配獲得=連結会計のスタートになります。

支配獲得の時にやることは?

具体的にやることは以下の通りです。

1.親会社個別財務諸表と子会社の個別BSの合算

2.資本取引の連結修正

ここで間違えやすいのがBSのみを合算するという点です。

普通の連結でいうと、PLも連結すべきですが、今回のお題のように、期末日に支配獲得した場合、以下の関係性になります。

自分のところのは期を通じて売上あげて費用使ってと損益取引をしていますが、その期間子会社になる会社は別の会社だったわけです。

よって、期末日に支配獲得した場合、BSのみを合算します。

支配獲得(100%取得、のれんなし)の連結修正仕訳

期末日に支配獲得した子会社は、BSのみを合算しているのでBSのうち親会社と取引がある部分を相殺します。

相殺の対象になるのは

・親会社の子会社株式

・子会社の資本金、利益剰余金、資本剰余金

です。

親会社は子会社の純資産を株式の取得という形で買収しているので、親会社株式と子会社純資産を相殺する必要があるんですね。

では仕訳を切っていきましょう。

まずは100%取得かつのれんが発生しないパターン。

1.親会社保有の子会社株式を減らす

子会社株式xx

2.子会社の純資産を減らす

資本金xx   子会社株式xx
資本剰余金xx  
利益剰余金xx  

これでおしまいです。

支配獲得(80%取得、のれんなし)の連結修正仕訳

次は80%取得かつのれんが発生しないパターン。皆さんが忌み嫌う非支配株主持分が出てきます。

1.親会社保有の子会社株式を減らす

子会社株式xx

2.子会社の純資産合計×非支配株主持分の比率をかけたものを貸方へ

子会社株式xx
非支配株主持分xx 

 

3.子会社の純資産を減らす

資本金xx   子会社株式xx
資本剰余金xx 非支配株主持分xx
利益剰余金xx

これでおしまいです。

支配獲得(80%取得、のれんあり)の連結修正仕訳

次は80%取得かつのれんが発生するパターン。皆さんがさらに忌み嫌うのれんも出てきます。

のれんとは、子会社の純資産より親会社保有の子会社株式が多い時に発生する差額です。要は高く買っちゃったからちゃんと資産に計上してその分は償却してねという決まりごとだと思ってください。

なお、安く買えた時は負ののれんとして、特別利益になります。

早速仕訳してきましょう。

 

1.親会社保有の子会社株式を減らす

子会社株式xx

2.子会社の純資産合計×非支配株主持分の比率をかけたものを貸方へ

子会社株式xx
非支配株主持分xx

3.子会社の純資産を減らす

資本金xx 子会社株式xx
資本剰余金xx 非支配株主持分xx
利益剰余金xx

4.差額が出たらのれんとして計上する

資本金xx 子会社株式xx
資本剰余金xx 非支配株主持分xx
利益剰余金xx
のれんxx

これでおしまいです。

まとめ

まとめると、

1.親会社保有の子会社株式を減らす

2.子会社の純資産合計×非支配株主持分の比率をかけたものを貸方へ

3.子会社の純資産を減らす

4.差額が出たらのれんとして計上する

2.と4.は支配の%が100じゃなかったり、子会社を高く(安く)買っちゃうと出てきちゃう手続きですが、

基本は

1.親会社保有の子会社株式を減らす

3.子会社の純資産を減らす

です。

いきなり連結修正となると少し難しく感じるかもしれませんが、頑張りましょう!

連結part3は連結第1期です。

 

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

連結会計シリーズPart1〜そもそも連結会計とは!?〜

こんにちは。サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は連結会計シリーズpart1 「そもそも連結会計とは?」です。

今まで1社の会計を学習してきたかたからするとめちゃくちゃ大変な論点です。

やっぱり連結っていうと

「アップストリームがちょっと・・・」

「非支配株主持分の計算が・・・」

とかが気になりますが、

「連結ってそもそもなんだろう?」

のイメージを持っていた方がよりスムーズに会計処理も理解できます。

今日のブログでは、連結会計とは?という点をなるべくわかりやすく解説します。今後連結会計の個別論点になった時に、大元のイメージを理解していないと勉強進みづらくなってきてしまうのでしっかり理解しましょう!

連結会計とは?

連結会計とは、ざっくりいうとグループで財務諸表を作るための会計手法です。

しっかりめな表現だと「支配従属関係にある2つ以上の企業からなる集団を単一の組織体とみなして、親会社が当該企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況を総合的に報告するもの。その連結財務諸表を作成するプロセスを連結決算もしくは連結会計という」です。気絶しそうですね。

以下の図で見ていきましょう。

この2つの会社は、それぞれで稼いだり物買ったりしていますが、関係性は独立しておらず、A社とB社は親子関係にあります。親子関係にある会社のうち、親会社であるA社は、財務諸表を連結し、グループとして財務諸表を公開することになります。

親子になるとは?

親子になるには、親が子となる会社の発行する株式を買い取って、株主(=出資者)になる必要があります。

子となる会社の発行する株式を市場やその会社の株主から買い取って、発行済株式総数のうち保有比率が過半数以上になったときに親会社になるんですね。(厳密にいうと基準上は半数以下でも条件を満たせばなり得ますがここでは割愛します)

この比率の元になっているものを議決権といいます。議決権は、会社の重要な意思決定の際のパワーだと思ってください。議決権を過半数以上持たれていると子会社に対する発言権がとても強くなるんですね。

子会社は今まで一会社で決めていた重要なことを逐一親会社にお伺いをたて、連結財務諸表を作るために個別の業績を報告しなくてはなりません。親会社と子会社の関係になるというのは、かなりの一大イベントということをまずは覚えておいてください。

連結会計の手続きとは?

連結会計は概ね以下のフローで行われます。

 

1.個別財務諸表の単純合算

まず、会社同士の個別財務諸表を合算します。

個別財務諸表は、家族の中でそれぞれがお小遣い帳持っているイメージですね。それをお母さん(お父さんもあるか)が合算して、家(=連結グループ)全体の家計簿作っていきます。

2.連結修正仕訳

次に連結修正仕訳を「連結上」(=それぞれのお小遣い帳ではなく、家計簿)で入れていきます。ここが結構イメージしづらいんですけど、次の例で考えてみてください。

①お父さんが子供にお小遣い100円をあげた

②子供はお父さんからお小遣い100円を受け取った

③子供はもらった100円で文房具を買った

これを家族全体の家計簿で見るといくら出金があったでしょうか?

そう、100円ですね。

ところが、お母さんがそれぞれの家計簿を見たときに、お父さんのお小遣い帳には出金▲100円が記帳されていて、子供のお小遣い帳には入金+100円、文房具▲100円が記帳されています。

これだけお母さんが見ると、外部から100円収入があって、外部への支払いが200円あったように勘違いしちゃいますね。

これを修正するために、

お父さんからの子供へのお小遣い▲100円と子供がもらったお小遣い+100円を相殺して、「家」(=連結グループ)として文房具屋に払った100円だけに修正が必要です。

連結修正仕訳上も同じで親子会社間で資本に関する取引(親会社の出資株式と子会社の資本)や損益に関する取引(親子会社間の商品売買など)は外部取引ではないので、内部で相殺しなければいけないんですね。

これが連結修正仕訳のイメージになります。

非支配株主って何?

なんか忘れてますね。そう、皆さん苦手な非支配株主です。

これは冒頭に書いた、議決権の過半数というのがキモです。

議決権を過半数(=51%)以上持つと、親会社になるわけですが、残りの49%は他の株主が持っています。その、「他の株主」のことを非支配株主といいます。

連結会計では、最初に個別財務諸表を合算しますが、合算しただけだとその連結財務諸表は100%保有の計算になっていますよね?なので合算した純資産や当期純利益に「他の株主分」を掛けた金額を分離して計上するわけです。

この辺りは追々個別論点が出てきたらまた解説しますね。

まとめ

簿記2級の中でも最重要かつ最難関の連結ですが、これをしっかりと理解せずに仕訳だけ覚えてしまうと後々何が起きているかわからなくなってしまいます。基礎をしっかりと押さえて、次のステップに進みましょう!

連結Part2は支配獲得日(期末)の連結会計についてです。

 

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください