前払費用と未払費用の違いとは?

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は前払費用と、未払費用についてです。

費用」と同じ言葉が使われているので、混同してしまいがちですが、ここを放っておくと大変!!!試験ではほぼ確実に出題されます。そんな2つの科目について、今回は学んでいきましょう。

1.前払費用とは?

前払費用とは、継続してサービスを受ける場合、まだ受けていないサービスに対して支払った金額に使う科目です。サービスを受け取る権利を持つ、ということから資産項目に含まれます。

例えば、3月決算の会社で、インターネットの年間利用料1,200円が3/1に発生したとします。この時、1ヶ月の利用料は100円となります。

1,200÷12=100

支払時には、

通信費1,200 現預金1,200

として1年分の費用を先に計上します。

そして期末では、

3/31には未経過分、まだ受けていないサービス分である4月から翌年2月末までの11ヶ月分を前払費用として振り替えなければなりません。

この時に発生する仕訳は以下の通りです。

前払費用 1,100 通信費 1,100

そして翌期首に、前期に前払費用計上した通信費1,100円分を、前払費用として振り戻します。

通信費 1,100 前払費用 1,100円

 決算時の調整のための特別な科目であり、翌期にはもう一度費用科目に振り替えるのが特徴です。

何だか難しく感じますが、要は1年分先に費用計上したから、期末にまだサービス受けてない分の費用を減らすというだけです。会社として受けてないサービスなのに費用計上するのは会計上適正ではないからですね。

試験では、「●●の費用を繰り延べる」など書かれていますので、繰延=前払だなと頭の中で繋がるようにしておきましょう。

2.未払費用とは?

未払費用とは、既に支払が確定しており、かつ既に提供されたサービスに対してまだ支払われていないものを指します。

例えば、3月決算の会社で、1年間分のインターネット利用料の支払が1,200円であったとして、3/1に利用を開始し、3/1に実際に支払う契約を結んだとしましょう。

当期の3月決算の時点では、会社としては1ヶ月分(3/1~3/31)の利用料を費用認識するため、以下の仕訳を入れます。この時、1ヶ月分の利用料は、以下の計算式のように100円になります。

1,200÷12=100

利用開始時ではまだ支払は発生していませんので、

仕訳なし

期末では、発生した利用料は費用として認識する必要があるため、

通信費 100 未払金 100

 そして翌期首に、前期に未払金として計上した100円分を振り戻します。

未払金 100 通信費 100

 そして、翌年の3月に実際にこの未払金を支払います。

通信費 1,200 現金 1,200

前払費用と違い、期末になって初めて費用が発生して、翌期の支払時に全額を認識します。

試験では「●●の費用を見越す」など書かれていますので、見越=未払だなと頭の中で繋がるようにしておきましょう。

3.まとめ

言葉は似ていますが、

繰延=前払

見越=未払

はしっかり覚えておきましょう。

また、最初に計上される場所がそれぞれ前払費用は借方未払費用は貸方です。混同せず、しっかりと違いを理解していきましょうね!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

手形って何?割引と裏書きについても解説!!

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今回は簿記でお馴染みの、手形についてです。

手形、と聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんが、日本では明治時代からあります。そんな100年以上の歴史を持つ手形について、今回は学んでいきましょう。

手形とは?

手形とは、現金の代わりに受け取る証券のことです。支払期日と、いくら支払うのかが、証券には記載されています。また、支払期日にならないと、現金と交換できないのも1つの特徴です。

よく手形と間違えたり、混同しやすいのが「小切手」です。小切手も現金と 交換することのできる証券ですが、違いは「すぐ」に現金と交換できるかです。小切手はすぐ交換できるのに対し、手形は支払期日になるまで交換できません。

 

支払時の手形の処理

では、手形を発行した(振り出した)時の仕訳を見てみましょう。発行すると、後で代金を支払わなければならないという義務が生じます。仮に、商品を100仕入れた時に約束手形を発行した場合、以下のような仕訳になります。

仕入 100  支払手形 100

次に、手形の代金を支払った時の仕訳を確認しましょう。支払期日となり、手形に記載された金額が、銀行口座が引き出されました。すると、元々あった支払の義務がなくなるので、以下のような仕訳になります。

支払手形 100  現金 100

受取時の手形の処理

 逆に、手形を受け取った時のパターンを考えてみましょう。手形を受け取るということは、後で代金を受け取る権利を得ることになります。仮に、商品を200販売した時に手形を受け取った場合、以下のような仕訳になります。

受取手形 200 売上 200

 次に、手形の代金を受け取った時の仕訳を確認しましょう。支払期日となり、手形に記載された金額が、今度は自分の銀行口座に入ってきました。すると、代金を受け取る権利がなくなるので、以下のような仕訳になります。

現金 200 受取手形 200

 自分の口座からお金がなくなったということは、入ってきたと同時に、義務や権利がなくなるということに注目しましょう。

割引とは?

手形は支払期日になるまで、現金と交換することができません

では、全く交換する方法がないのかというと、銀行に手形を買い取ってもらうことで、現金と交換することができます。これを割引と言います。

ただし、支払期日よりも前に交換することができるというメリットと引き換えに、手数料などがかかってしまうため、受け取ることのできる金額は手形に書かれた金額よりも少なくなってしまうことに注意しましょう。

仮に、自分が代金100と交換できる受取手形を持っていたとします。これを銀行に売る時、手数料として10取られてしまう、となった場合、仕訳は以下のようになります。

現金    90 受取手形 100
手形売却損 10

手形を交換したことによって、代金を受け取る権利を失うことになります。

ここで要注意なのが手形売却損!!!

皆様結構間違いやすく、「支払手数料」にしちゃったりはたまた存在しない、「手形割引損」などを使ってしまいます。ここを間違えないようにしっかり覚えましょう。

裏書とは?

最初に書いた通り、手形は現金の代わりに発行される証券です。つまり、手形は、現金の代わりとしても使うことができるのです。

例えば、100の代金の代わりに受け取った手形を持っているとしましょう。自分が100の商品を仕入れたい、と思った時、仕入れる側に代金の代わりとして手形を渡すことができます。これを裏書き(裏書譲渡)と言います。

裏書き、という呼び名は、持っている手形を他の人に渡す際に、手形の裏面に名前や日付を書くことから由来しています。では、手形を現金の代わりに使った時の仕訳を確認しましょう。

仕入 100 受取手形 100

現金の代わりに使うということは、手形を使って現金を受け取る権利を使う=失うということになるので、上記のような仕訳になります。ここでも、代金を受け取る権利が発生したのか、失ったのか、ということに注目しましょう。

まとめ

 よく小切手と間違えてしまうことの多い手形ですが、よくよく見てみるとかなり違うことが分かりますね!受け取る権利や、支払う義務、そしてそのタイミングなどに注意して理解していきましょう!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

銀行勘定調整を得意分野にするヒント

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は銀行勘定調整について、解説します。

みなさん本当苦手なんです。銀行勘定調整苦手の原因としては、以下の点があげられるかと思います。

・どの項目が自分の調整か銀行の調整か覚えられない

・解決まで時間がかかって結局報われない

今日はそんな方に銀行勘定調整とは?という部分と、得意分野になるためのヒントお教えします。

銀行勘定調整とは?

銀行勘定調整とは、銀行から送られてくる期末の預金残高と自社内の帳簿残高を合わせる作業のことです。

え?そもそも合うはずじゃないの?

と思うかもしれませんが、以下の原因で実際残高と帳簿残高はズレちゃうんですね。

1連絡未通知

2未渡小切手

3誤記入

4時間外預入

5未取立小切手

6未取付小切手

多すぎ!!と思いますよね。本当にそう思いますが意味がわかれば簡単です。

次の章から見ていきましょう。

それぞれの意味は?

では上記6つの要因のそれぞれの意味を解説します。

連絡未通知

銀行口座に入出金があったのに銀行が連絡忘れているパターンです。

当社側で修正する仕訳です。

入金の場合

当座預金xx/●●xx

出金の場合

●●xx/当座預金xx

未渡小切手

小切手は振出して仕訳までしちゃったのに、小切手を渡し忘れたパターンです。

当社側で修正する仕訳です。

当座預金xx/未払金xx

※なんで当座預金?という方はこちらで再確認

誤記入

文字通り、帳簿に間違った仕訳を記入しているパターンです。

当社側で修正する仕訳です。

間違った仕訳を訂正仕訳する

時間外預入

期末日に銀行に預け入れをしたものの、営業時間外の預け入れのため、銀行側が認識していないパターンです。(夜間預入れ口みたいなの銀行にありますよね?)

当社の原因ではないので銀行側で修正・仕訳不要です。

仕訳なし

未取立小切手

小切手で代金を回収下にも関わらず銀行がまだ小切手の金額を取り立てしていないパターンです。

当社の原因ではないので、銀行側で修正・仕訳不要です。

仕訳なし

未取付小切手

当社が小切手を振り出したにも関わらず、取引相手がまだ銀行で換金していないパターンです。

当社の原因ではないので、銀行側で修正・仕訳不要です。

仕訳なし

 

試験の最中どう処理するのが1番いいの?

皆様が銀行勘定調整を苦手な要因として

・どの項目が自分の調整か銀行の調整か覚えられない

・解決まで時間がかかって結局報われない

がほとんどかと思います。

これらの原因は、

・上記6つの要因をよく覚えていない

・当社側から当座預金の残高を求めてしまっている

のが原因だと思います。

最終的に当社側の仕訳も当然やらなくてはいけないですが、当座預金の残高っていう答えがはっきりわかってた方が安心して仕訳切れますよね?また、銀行側の修正であれば、仕訳しなくても単なる足し引きで終わるので、私は試験の時以下の順序でやっていました。

銀行側で調整→当座預金の本当の残高求める→当社側で仕訳→仕訳があっているか確認

楽な覚え方あるの?

上記6つ全部ちゃんと意味まで理解して解くのが本当はいいですが、入り口として私は以下のように覚えていました(勝手に)

時間外と未取●●は銀行側!それ以外は当社!

それぞれの内容や加減算は当然覚えなくてはいけないですが、そもそも当社側の原因か銀行側の原因か特定しないと話が進まないですよね。試験の時って意外に緊張しているので、

「あれ?これどっちだ?当社か?銀行か?えーとプラスだっけ・・・うーん」

となる可能性が高いので、まずは当社側か銀行側か上記の覚え方しておくと、とりあえず銀行勘定調整の入り口には入れるので気分的に楽です。あとは加減算考えればいいだけなので。

まとめ

銀行勘定調整は受験生皆苦手だと思います。逆に覚えてしまえば得点源になるので、本ブログを参考にしながらしっかりと覚えてしまいましょう!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください

 

 

なんで小切手は当座預金なの?手形との違いは?

こんにちは。サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は簿記3級でやたら出てくる小切手についてです。

ドラマなどで「好きな金額を書いてくれ」と渡されるアレですね。

(もう古いか。。。)

この小切手ですが、簿記の世界では何故か「小切手」という勘定科目が存在しません。手形はあるのに?と疑問をもたれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。以下で解説します。

小切手とは?

用紙に金額、日付等の必要事項を記入し相手に渡し(振り出し)、支払いをする有価証券です。小切手を受け取った人はすぐさま現金化できるというのが特徴です。

何で当座預金なの?

さてこの小切手、たとえば備品の支払を小切手でした場合

備品XX/当座預金xx

という仕訳を切ります。

手形から学習した人は、いやいや、当座預金は現金で支払ってるから、

備品xx/支払小切手xx

じゃないの?

と思う方もいるのでは。

実は、小切手と手形の大きな違いとして、すぐさま現金化できるという点がポイントになります。手形は一定の期日(支払サイト)に基づいて、「●日後に銀行に行ってくださいねーそしたら現金と交換できますよー」という資産性、負債性があるものです。

一方で小切手は現金の換金可能期間が振り出しから10日以内という短いスパンのため、基本降り出したタイミング=当座預金が減ったタイミングというみなしをしてるんですね。なので、小切手の仕訳を行うときは基本的に現金当座預金の勘定科目しか使いません。

小切手で注意すべきポイント

小切手の取引は簿記3級でものすごい出てきますが、注意すべき点は以下の2点だけです。

・自分で振り出した小切手か?

・他人が振り出した小切手か?

 

自分で振り出した場合

→必ず当座預金勘定を使います。これは、借方でも貸方でも一緒です。

自己振り出し小切手の論点もありますが、

当座預金として処理します。要は、自分で出したものは全部当座預金で処理するルールということです。これは覚えちゃいましょう。

他人が振り出した場合

→必ず現金を使います。これも借方でも貸方でも一緒です。

いつでも現金化できるとイメージしておきましょう。振出先がどこであろうが他人振出なら一緒です。

おすすめの勉強法は?

私が実際に試験を受けたときは、独学による勉強でした。

1日の空き時間のほとんどをひたすら仕訳を切りまくって、わからない論点は調べるという方法です。正直どのテキストでもいいので1冊まるまるやりきるのが大事です。

実際これで勉強始めて2ヶ月で簿記2級まで受かりましたが、

今になると、最初から専門校で授業受けておけば基礎しっかりしたのになあと

若干後悔している部分もあります。

社会人の方や主婦の方など中々時間は取れないけれど、しっかり学習したい方は

専門学校を受講してもいいと思います。(後々実務をするときに響いてきます)

まとめ

小切手は少しややこしい論点ですが、上記の2点のポイントを抑えてしまえば簡単です。是非得点源にしましょう!

私は副業で簿記2〜3級の個人講師をしております。個人レッスンでより簿記の理解を促進したい方はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください