リース取引の会計処理とは?わかりやすく解説!(後編)

こんにちわ!サラリーマン簿記講師めたきんです。

今日は簿記2級におけるリース取引について〜後編〜です。

後編では、前編で解説したファイナンスリースとオペレーティングリースの会計処理をそれぞれ具体例に基づき解説していきます。

ファイナンスリースはとっつきづらいですが、これが理解できるとかなり強みになります。しっかり理解していきましょう!

ファイナンスリース

①ファイナンスリース〜何で資産と負債両建てなの?〜

ファイナンスリースは前編で、

どうやらリース資産とリース債務を計上するらしい

と解説しました。

ここで疑問なのが、何で資産と負債を両建てしなければいけないのか?という点です。

まず、資産側ですが、ファイナンスリースの要件を思い出してみましょう。

・ノンキャンセラブル

・フルペイアウト

簡単に言うと、

「リースって言ってるけど途中で解約も出来ない(=ノンキャンセラブル)し、壊れた時の修理代とか負担しないといけない(=フルペイアウト)契約だから実質ウチの資産じゃないの?」

という取引でしたね。

実質的に「ウチの資産」と言うことは、会計上資産を購入しているとみなされるため、会計処理上は資産(=リース資産)を計上しないといけません。

次に負債側ですが、リース取引の会計処理では、リース会社に借金をして、そのお金で資産を購入したという風にみなし、借入金(=リース債務)も計上します。

 

・リース資産→実質購入と見なされ、資産計上しなきゃいけない

・リース債務→リース会社からの借入と見なされ、負債計上しなきゃいけない

をしっかり覚えておきましょう。

②ファイナンスリース〜利子込み法、利子抜き法って何?〜

簿記2級のファイナンスリースには利子込み法利子抜き法が存在します。

この「利子」は、前述の「リース債務」に関係するものです。わかりやすく普通に借入をした時を考えてみましょう。

通常、人からお金を借りる時は「利子」が発生します。例えば、100円借りて年1%であれば1円ですね。

では、今回のリース債務の性質は何でしたでしょうか。そう、「借入」です。よって、資産/負債計上したリースに利息が含まれている。と考えるのが利子込み法、含まれていないものが利子抜き法です。

・リースは借入と一緒。借入には利子が付き物

・リース資産/債務の金額に利子を含むのが利子込み法、含まないのが利子抜き法

です。覚えておきましょう。

③ファイナンスリース〜利子込み法の会計処理〜

では、具体例に沿って、実際に仕訳をしてみましょう。ファイナンスリースは難しそうですが、基本的には他の仕訳と同様、決まった通りに仕訳をすればいいだけです。

Ex.車のリース契約をした。条件は以下の通りである。

リース期間5年

見積現金購入価額1,000円

年間リース料300円

リース料総額1,500円

利息相当額500円

まずはの用語の意味です。ここを理解しないと間違えますのでしっかり覚えておきましょう。

見積現金購入価額 借りる予定のリース資産を外部で普通に買ったらいくらぐらいか?という金額(=利子抜き法のリース総額)
リース料総額 借りる予定のリース料の総額。見積現金購入価額に対して、リース会社の取り分である利子を含んだ金額(=利子込み法のリース総額)
利息相当額 リース料の総額と見積現金購入価額の差額(=利子)

では、早速仕訳を切っていきましょう。まず、利子込み法からです。

利子込み法の場合、リース会社の手間賃を含んだリース料の総額がリース資産/債務の計上額になります。

リース契約時

リース資産1,500 リース債務1,500

リース料支払時

リース料の支払(=リース会社への借入の返済)をする際には、当初計上したリース債務を取り崩していきます。

リース債務の取崩額→支払うリース料300

リース債務300 当座預金300

決算時

そして、決算時、計上したリース資産を減価償却していきます。償却期間はリース期間です。

リース資産1,500÷リース期間5年=減価償却費300

減価償却費300 リース資産300

④ファイナンスリース〜利子抜き法の会計処理〜

では、次に利子抜き法です。

以下利子込み法と同じ問題を使います。

Ex.車のリース契約をした。条件は以下の通りである。

リース期間5年

見積現金購入価額1,000円

年間リース料300円

リース料総額1,500円

利息相当額500円

利子抜き法の場合、リース会社の手間賃を含まない見積現金購入価額をリース資産/債務として計上します。

リース契約時

リース資産1,000 リース債務1,000

リース料支払時

リース料の支払(=リース会社への借入の返済)をする際に、利子抜き法の特徴が出てきます。

利子抜き法の場合、リース債務に利子が含まれていないため、利息相当額をリース期間で按分した金額を支払利息として計上し、リース料と利息相当額の差額をリース債務から取崩します。

利息相当額500円÷リース期間5年=100円(支払1回あたりの利子)

支払うリース料300円-利息相当額100円=リース債務取崩額200円

リース債務200 当座預金300
支払利息100

決算時

そして、決算時、計上したリース資産を減価償却していきます。償却期間はリース期間です。

リース資産1,000÷リース期間5年=減価償却費200

減価償却費200 リース資産200

オペレーティングリース

⑤オペレーティングリース〜会計処理〜

オペレーティングリースはファイナンスリースと違い、とっても簡単です。

利子込み法と同じ問題を使います。

Ex.車のリース契約をした。条件は以下の通りである。

リース期間5年

見積現金購入価額1,000円

年間リース料300円

リース料総額1,500円

利息相当額500円

オペレーティングリースはファイナンスリースと違い、単なるレンタル(=費用計上)のみです。

リース契約時

仕訳なし

リース料支払時

支払リース料300 当座預金300

決算時

仕訳なし

とても簡単ですね!試験で出たら確実に取りたいポイントです。

まとめ

リースは難しい論点ですが、以下のテンプレートをしっかり抑えておきましょう。

ファイナンスリース利子込み法 →リース料総額が資産/債務計上額

契約時

リース資産xx/リース債務xx

支払時

リース債務xx/現預金xx

決算時

減価償却費xx/リース資産

ファイナンスリース利子抜き法 →見積現金価額が資産/債務計上額

契約時

リース資産xx/リース債務xx

支払時

リース債務xx/現預金xx

支払利息xx/

決算時

減価償却費xx/リース資産

オペレーティングリース →年間リース料を費用計上

契約時

仕訳なし

支払時

支払リース料xx/現預金xx

決算時

仕訳なし